ChapUp

チャップアップとプランテルEXの用途や効果は全く違う!どっちを選ぶ?

育毛剤の中でも人気の高いチャップアップとプランテルEXの2つ。

どちらも育毛剤として販売されている商品ではありますが、一口に育毛剤といっても、この2つは主要成分が異なり、使用目的も違っています。

今回はチャップアップとプランテルEXがどのように違うのか、そしてどんな人にオススメできるのかをご紹介したいと思います。

\\公式サイトが正規品&最安で損しません//
 

プランテルEXの主力成分と効果

プランテルEXはどんな成分を主に配合し、それがどのような効果をもたらすのでしょうか。

プランテルEXで特に注目したい成分を3つに絞って解説していきたいと思います。

①リデンシル

リデンシルは「頭皮の炎症を予防するEGCG2」と「細胞を活性化させヘアサイクルを整えるDHQG」の2つの成分で構成されています。

この2つの作用をにより、頭皮の環境を整えながら、毛母細胞に刺激を与え、健康的な髪を作り出す手助けをしてくれます。

そんなリデンシルの作用は臨床試験でも効果を示しているほど。

毛髪密度に関するデータ

濃度3%のリデンシルと、偽薬(プラセボ)を一定期間使用した臨床試験では、初めの1ヶ月はどちらも効果の差はあまりなかったものの、3ヶ月後のリデンシルの効果が29%も増加したというデータが有りました。

どの育毛剤にも言えることですが、年単位で進むヘアサイクルを整えるのにはある程度の期間が必要ですので、3ヶ月後に大きく差が出たと言えるでしょう。

EGCG2の炎症予防に関するデータ

炎症を引き起こす原因の1つにIL-1β(インターロイキン-1β)という物質があり、それによって引き起こされた炎症状態ををIL-8と言います。

「正常な細胞」「IL-βのみの細胞」「IL-βにEGCG2を反応させた細胞」の3つの細胞を用いた臨床試験では、正常細胞が炎症を起こさないのはもちろんのこと、EGCG2を加えた細胞のIL-8化が21%も軽減される結果になりました。

DHQGの細胞活性化に関するデータ

髪の毛の成長には毛乳頭にある線維芽細胞が欠かせませんが、その繊維芽細胞を成長させるために体内で作られているのがbFGFという物質です。

DHQGを「少量」「普通」「多い」の3種類に分けて、bFGFと比べてそれぞれどのように効果を発揮するかの臨床試験がなされました。

その結果、DHQGが少ない〜普通の量の場合はbFGFの方が成長効果を発揮しましたが、DHQGが多い場合はbFGFよりも細胞を活性化させられることが判明しました。

DHQGがヘアサイクルを整えるデータ

通常のヘアサイクルでは、髪が生えて成長し、一定の長さになるとそのまましばらく留まり、その後抜けていくようになっています。

プラセボと3%のリデンシルで、ヘアサイクルの成長期と休止期への影響を調べたところ、リデンシルの方は3ヶ月後、成長期の髪の量が9%もアップし、休止期においても髪の量が17%減っていました。

「えっ、減っちゃダメじゃないの?」とおもわれるかもしれませんが、休止期にちゃんと古い髪が抜けることで、正しくヘアサイクルが整っているということがわかります。

②ペブプロミンα

ペブプロミンαは、プランテルEXにしか配合されていない特許出願成分で、ヒオウギエキス・ボタンエキス・ビワ葉エキスの3つの成分で構成されたものです。

こちらの成分に関する臨床データはありませんが、公式サイトで公開されている「株式会社日本食品機能研究会」のデータではDHT(脱毛司令を出す物質に変化するもの)の発生原因となる5αリダクターゼの分泌抑制効果はミノキシジルなどの約3倍になるとされています。

ペブプロミンαは、医学博士からも期待が寄せられるほどのものですので、効果への期待は高いと言えます。

③発毛促進成分

プランテルEXに含まれているセンブリエキス・グリチルリチン酸ジカリウム・ジフェンヒドラミン塩酸塩の3つは、発毛を促進してくれる効果が期待できます。

センブリエキスは血行を促進し、もう乳頭細胞を活性化させることによって発毛を促すことができます。

さらにグリチルリチン酸ジカリウムで頭皮の炎症を予防し、ジフェンヒドラミン塩酸塩で痒みを抑制することによって、毛髪がすこやかにはえるかんきょうをととのえることができるのです。

センブリエキスの臨床試験

昭和61年から62年にかけて行われた、AGAの人に1日2回センブリエキスを塗布する臨床試験では、対象者14人中10人が試験前に比べて硬い毛髪が増えたという結果に。

また、その際は副作用も見られなかったということで、安全に効果を実感することができる成分だと言えます。

チャップアップの主力成分と効果

プランテルEX同様、チャップアップにも大きく分けて3つの注目成分が含まれていますので、それぞれご紹介します。

①M-034(海藻エキス)

M-034は、プランテルに含まれていたリデンシルと同じようにヘアサイクルを正常に整える働きをし、成長期には髪の毛を増やし、休止期で弱った髪を抜けさせるというサイクルを作るのに役立ちます。

発毛効果が認められていない成分とは言え、髪の毛を「成長」させる力はなんとミノキシジルと同程度もあるとされており、ミノキシジルのように副作用のリスクもなく、厚生労働省からも認可を得ているほどです。

さらにM-034には外毛根鞘という細胞を増やすことで毛根を強くし、抜け毛を防いでくれる働きも期待できます。

②センブリエキス

こちらもプランテルEXで説明したのと同様、臨床試験で効果が認められたセンブリエキス。

チャップアップに発毛促進成分として含まれている唯一の成分ではありますが、その効果への期待は大きく、副作用の心配もないので安心できる成分です。

③オウゴンエキス

オウゴンエキスには、男性ホルモンと反応してDHTになってしまう5αリダクターゼの分泌を抑えてくれる働きがあるため、AGAの予防には期待ができる成分です。

別商品ではありますが、同様にオウゴンエキスを配合している「ブブカ」の公式サイト情報によると、オウゴンエキスが5αリダクターゼを押さえる力は77%に登ります。

センブリエキスやM-034との相乗効果も狙える良い組み合わせと言えますね。

プランテルEXとチャップアップの成分効果まとめ

まずはプランテルEXとチャップアップの違いをまとめたので、簡単におさらいしてみましょう。

プランテルEXのまとめ

・リデンシルの働きにより頭皮の細胞が活性化、髪の成長を促す。
・リデンシルで頭皮の炎症やかゆみを抑え、頭皮環境を整えつつヘアサイクルを正常にする。
・ペブプロミンαで5αリダクターゼの動きを抑え、抜け毛を抑制する。

チャップアップのまとめ

・オウゴンエキスが5αリダクターゼの分泌を抑えて、抜け毛を抑止する。
・M-034てヘアサイクルを正常に整える。
・センブリエキスで血行を促進し、細胞の活性化を図る。

こうして並べて比較してみると、それぞれ含まれる成分が違っても、その働きや期待できる効果はとても似ていますね。

大きな違いといえばプランテルEXの方が、頭皮の炎症やかゆみを抑える成分が多いということくらいでしょうか。

プランテルEXとチャップアップ値段面での比較は?

長期間にわたって毎日使い続けることが大切な育毛剤は、やはり金銭面での続けやすさも大切ですよね。

そこでプランテルEXとチャップアップそれぞれの値段をわかりやすく表にまとめたものがこちらになります。

プランテルEX チャップアップ
単品購入 13,800円 7,400円
三本まとめ買い 27,600円 19,800円
定期購入 9,700円 7,400円

見てわかる通り、全ての購入方法においてチャップアップが圧倒的に安くなっています。

しかもチャップアップの内容量が一本あたり120mlなのに対し、プランテルEXは50mlと半分以下の容量なので、コストパフォーマンスを取るのであれば圧倒的にチャップアップがオススメですね。

プランテルEXとチャップアップは進行度合いで使い分け

プランテルEX、そしてチャップアップの成分や値段を比較してみましたが、大きく違った効果はなく、結局どちらがいいの?と悩んでしまう人もいるかもしれません。

まとめとしてはプランテルEXは、初期段階よりも少し薄毛が進行し、「発毛促進力」が必要な人には有効です。

一方チャップアップは、少し抜け毛が気になりだしたというような人が、薄毛の予防として気軽に始めるのに向いている商品になります。

ぜひこの記事を参考に、みなさんがどちらの状態かを考えて自分にあったケア商品を選んでくださいね!

\\公式サイトが正規品&最安で損しません//